2013年07月05日

おからを使ったダイエットレシピ

おからは低カロリーでダイエットメニュー向きの食材だといいますが、おからを使ったレシピには何があるでしょう。
食物繊維がたくさん含まれていることが、おからがダイエットにいいといわれるゆえんです。
不溶性の食物繊維なので、お通じをよくします。

おからには、食事からのカロリーを体内に吸収するスピードをゆっくりにする作用もあります。
おからのレシピは、幾つもあります。
おからのチャーハンは、おからで量を増すことで、食べごたえのあるダイエットメニューができます。ネギ、卵、ベーコンとよくあるチャーハンと基本的な作り方は一緒ですが、ごはんにおからをプラスするのがこのレシピのコツです。
食物繊維を加え、カロリーを抑えたままボリュームを出すために、おからを加えます。ダイエットをしている時ても、チャーハンを満腹できるまで食べることができるレシピです。

おからをサンドイッチに利用するおからサンドも、ダイエットメニューに向いています。サンドイッチの具にゆで玉子を使う時に、ゆで玉子に軽く炒って冷ましたおからを入れて量を増やすのです。

ゆで卵におからを足すことでさっぱりした食べ応えのサンドイッチができ、カロリーも少なくできます。
ダイエットをしている時にも、おからをダイエットレシピに活用することで、日ごろの食事と似たメニューを食べることが可能です。

ダイエット用の食事におからを使うことで、ダイエット効果がありながら満足度が高いものを作ることができます。


posted by ダイエット at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2013年07月01日

ダイエットメニューの種類

最近は、数多くのダイエットメニューが登場しています。企業でも、社食でダイエットメニューを食べることができるようにしているところもあるようです。

ダイエットメニューを集めたサイトもアクセス数を伸ばしています。幾つものダイエットメニューがあります。
簡単に作れるダイエットメニューには、白米の代わりに玄米を使うものや、野菜やきのこなど低カロリーの食材の割合を多くした食事があります。揚げ物や炒め物を、蒸しものやおひたしにしてカロリーを減らす方法もありますので、ダイエットメニューにする手段はたくさんあります。

てんぷらやフライなど、油をたくさん使う料理は、高カロリーメニューとなります。揚げものではなく焼きものにしたり、肉もささみを使うなどの工夫でダイエットメニューにできます。

ダイエットメニューは普段の食事よりカロリー量が少なく、それでいてある程度おなかに溜まるので、ダイエットメニュー中の食事が苦痛になりません。

ストレス対策が十分にできていなければ、ダイエットを続けることは困難です。気合いと我慢だけでストレスをやり過ごすつもりでは、ダイエットはうまくいきません。ストレスでダイエットを中断してしまうことがないよう、ダイエットメニューを賢く駆使して体重を減らしていきましょう。
ストレスにならなすダイエットを実践するために、ダイエットメニューは必須の存在です。
posted by ダイエット at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2013年06月25日

黒酢ダイエットポイント

黒酢ダイエットは誰でも簡単に取り組めることで人気ですが、成功するためのポイントはあるのでしょうか。

黒酢を根気良く飲み続けることが、黒酢ダイエットで心がけるべき点です。
短い期間に一気に体重を減らせるようなダイエットもありますが、黒酢ダイエットはどちらかというとじっくり時間をかける方です。短期間で痩せたいならば、黒酢ダイエットは不向きかもしれません。

いきなり体重を減らすにはカロリー制限をすればいいのですが、それではリバウンドのリスクが高まります。少ないカロリーでも生きていけるように体が変化し、痩せにくく太りやすい身体になってしまうのです。

カロリーはやや控えめにしながら、有酸素運動を続けるようなゆっくりとしたダイエットの方が失敗しにくいといえるでしょう。

黒酢に含まれている成分を摂取することによって、体の中に存在している脂肪を代謝し、使ってしまいやすくなれると言われています。黒酢ダイエットをする時には、黒酢を飲んだ後にしっかり有酸素運動をすることです。
体を動かす暇がないという方は、通勤や買い物などのを車を使わず歩くようにし、その30分前に黒酢を飲むようにしてみてください。歩き方を工夫し、早歩きの習慣をつけることなどで、運動の機会をふやすことができます。栄養豊富でもカロリー量の少ない食事をすることも、ダイエットでは重要です。

黒酢ダイエットを成功させるためにも日常生活の中でいろいろと工夫をしていきましょう。
posted by ダイエット at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2013年06月17日

黒酢ダイエットとは

黒酢ダイエットはテレビなどで話題になっているようです。黒酢ダイエットとはいったいどのようなものなのでしょうか。

体内の脂肪を効率的に代謝するために、食事の後に1日30mlの黒酢を飲むというダイエットです。

アミノ酸を多く含んでいることが、黒酢の特長です。体では作ることができない、食事から補給する必須アミノさんが特に多いといいます。

アミノ酸にも何種類かあり、BCAAという必須アミノ酸もあります。脂肪を代謝し、筋肉を強化する作用があるとされています。
黒酢は、クエン酸も豊富です。脂肪を燃焼させる作用は、クエン酸にもあるとされています。黒酢をダイエットに利用すれば健康的に痩せることができるというわけです。

黒酢は有酸素運動をする前や、運動の途中に飲むのがより効果的だといいます。黒酢ダイエットの場合には、食事制限をする必要もありませんし、運動量が決められているわけでもありません。ダイエットを効率よく行うためには、ある程度は運動や、食事では何をどれだけ食べるかに気を配った方がいいだろうとされています。

黒酢ダイエットはリバウンドしづらく、長く続けやすいダイエット方法であるといえます。黒酢をダイエットに使うことは、健康にいいダイエットをしたいという人にも向いています。黒酢は、血中コレステロールを調整し、代謝を高め、疲れからの回復を促します。
冷え症改善などにもつながりますので、是非黒酢ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。
posted by ダイエット at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2008年10月18日

【バナナダイエット】の効果

【バナナダイエット】って、効果があるのかなあ・・・と思っている人はいませんか。
私も、【バナナダイエット】のことを知ったときは「本当に効果があるの」「バナナってカロリー高いんじゃないの」などと半信半疑でした。
でも、ミクシーの日記やブログで【バナナダイエット】についての正しい知識を得てからは、【バナナダイエット】の効率の良さ、効果の高さを信じています。
そして実際、私は【バナナダイエット】を成功させました。
私が行ったのは「朝【バナナダイエット】」と呼ばれるものですが、このダイエットの効果の高さには驚きを隠せません。
生のバナナを朝に食べるだけ、という【バナナダイエット】は、やっていてとても楽しかったです。
楽しいダイエットなんて、朝【バナナダイエット】が初めてです。
朝【バナナダイエット】がとても楽しかったので、私はバナナを使った他のダイエットのことも調べています。
では、どうして【バナナダイエット】は効果が高いのでしょうか。

【バナナダイエット】の「バナナ」ってどういう果物なんだろうと私は思いました。
そこで【バナナダイエット】に使うバナナのことを調べてみると、意外なことが解ったのです。
【バナナダイエット】に欠かせないこのバナナ、実はとっても低カロリーなんです。
甘いしとっても美味しいので、私もバナナは高カロリーだと思っていました。
栄養価が高くて低カロリーなバナナだから、【バナナダイエット】というものが産まれたのですね。
しかも、【バナナダイエット】に使用するバナナはとってもお腹に溜まります。
バナナを食べたことがある人なら、それは解りますよね。
お腹に溜まって栄養価も高いバナナだから、【バナナダイエット】は効果的なんです。

【バナナダイエット】の効果が高いのは、やはり「誰にでもできて、そして無理をすることがないから」だと思います。
【バナナダイエット】はバナナが持つ栄養分を存分に生かしたダイエット方法なので、無理がありません。
私も、【バナナダイエット】をする前は色々なダイエットを試しました。
でも、我慢も忍耐も必要なダイエットは、私は辛くて続けることができなかったのです。
でも、【バナナダイエット】は無理をしなくても良いと言うこともあり楽しみながら成功させることができました。
【バナナダイエット】は誰でも簡単に効果を出すことができる画期的な方法です。
「バナナは嫌いだから【バナナダイエット】は・・・」という人でも、豆乳に混ぜたり酢と黒糖につけたりすればきっと美味しく食べられるはず。
色々な人に試して貰って、【バナナダイエット】の効果を体感してもらいたいです。
posted by ダイエット at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエットの種類と目的

2008年10月15日

【デトックスダイエット】のレシピ

【デトックスダイエット】のレシピを覚えて、頑張ってスリムな体型を手に入れましょう。
レシピは【デトックスダイエット】を行うにあたってのスープ作りのレシピになります。
【デトックスダイエット】とは体内の毒素を体外に排出し、体内環境を整えて痩せやすい身体を作るということになります。
とても健康的に痩せることが出来ると思いますし、【デトックスダイエット】のスープレシピを覚えて食べれば、無理なくダイエットすることができるでしょう。
ダイエットの大敵は食欲です。
この食欲をスープで満たすことができれば、【デトックスダイエット】を成功させる確率が高くなるでしょう。

【デトックスダイエット】で用いるスープレシピは、たくさんの野菜を食材として使うレシピになります。
たくさんの野菜を摂取すれば食物繊維を豊富に摂取することに繋がりますから、【デトックスダイエット】のスープレシピは便秘解消にも役立つでしょう。
簡単な【デトックスダイエット】のスープレシピとしては、冷蔵庫の残り野菜を鍋にまとめて放り込み、コンソメスープで煮込むというレシピだと思います。
にんじん、キャベツ、玉ねぎ、ピーマンなど、たくさんの野菜を放り込めば、それだけ色彩鮮やかな【デトックスダイエット】のスープができるでしょう。
ベーコン、ソーセージ、ひき肉などを加えると、【デトックスダイエット】のスープレシピの味に深みがでるかもしれません
できれば、【デトックスダイエット】に用いるスープレシピには、肉類でなく魚類を入れるほうが良いでしょう。
御味噌汁も野菜をタップリと入れれば、【デトックスダイエット】のスープレシピになると思います。
野菜をタップリと入れるのがレシピのポイントですから、野菜を自分好みの味で煮込むだけで【デトックスダイエット】のスープレシピになるでしょう。
醤油、塩、コンソメ、トマト味など、日替わりでレシピの味を変えれば、【デトックスダイエット】のスープに飽きがこないと思います。

【デトックスダイエット】のスープレシピは、ネット上にたくさん公開されています。
みなさん、自分なりの【デトックスダイエット】のスープレシピを考えて楽しんでいるようです。
ただ、どんなに野菜タップリで低カロリーとはいっても、食べ過ぎては【デトックスダイエット】になりません。
ですから、【デトックスダイエット】のスープは、腹八分目ぐらいに食べる量を抑えることも重要でしょう。
また、【デトックスダイエット】のスープレシピに用いる野菜は、有機野菜などが良いと思います。
ネットを活用して【デトックスダイエット】のレシピに使う野菜をチェックすれば、産地直送の有機野菜が手軽に手に入れられると思います。
posted by ダイエット at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2008年10月07日

食事の全体量(総カロリー)を制限する

食事の全体量(総カロリー)を制限する

体重を減少させる
痩身、生活習慣病の予防や治療効率の増大、関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげること等を目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定する。それにより、「摂取カロリー<使用カロリー」の状態を保ち、結果として体重が減少し、目的が達せられることを期待して行う。
体重を増加させる
相撲などのスポーツや、虚弱にみえる体格の改善など、体重の増加が自己の利益となる場面で、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定する。それにより、「摂取カロリー>使用カロリー」の状態を保ち、結果として体重が増加し、目的が達せられることを期待して行う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:ダイエット
posted by ダイエット at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2007年05月26日

食事の頻度を制限する

食事の頻度を制限する

一回摂取量を減少させる
消化管の手術の後など、一度に処理できる食物の量が限定される場合、一回の食事の総量は減少してしまうが、一日の必要カロリー量を維持するために、食事の回数を増加させなければならない。
一回摂取量を増加させる
一説によれば、相撲の力士は、体重を増加させるために、一回の食事量を増加させて食事の頻度を減少させるといわれているが、効果のほどは不明。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ダイエット at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的

2007年05月25日

食事内容を制限する

食事内容を制限する

(相対的に)過大な要素を減らす
高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがある(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。
(相対的に)過小な要素を増やす
低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボ・パーティー)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取など。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこともある。手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うべきものである。
同種の栄養素の異なる形態のものを使う
ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を下降させる。そのため、血糖値の急激な変動がおこる。一説によれば、この極端な変化が心理面に影響し、「キレやすい」状態をひきおこすともいわれている。同じように糖分によってカロリーを取るならば、米などの炭水化物で摂取したほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ダイエット at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの種類と目的
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。